スマジャン

元建築作業員→ネット広告サラリーマンの色々裏話

【映画】ブレードランナー2049!つまらない?感想&まとめ

こんばんよーございます。

あおはるです!

 

公開前から話題だったブレードランナー2049観てきました!

前作ブレードランナーとの関連性などこれから観に行く人の参考にどうぞ!!

 

1982年に公開されSF映画の基盤ともなったブレードランナーが35年の時を経て、完全続編としてブレードランナーの30年後の世界(ブレードランナーは2019年の世界観)2049年の世界を見据える大話題作!!

 

前作のブレードランナーの主人公デッカード(ハリソン・フォード)がそのままのキャラで再出演するなどで話題を呼び、日本で話題になりました!

(スターウォーズハン・ソロといい昔の作品のその後・・・で助演として今後もいろいろ出るのかな?)

 

結論から話すとあおはる的にはブレードランナー2049は面白くなかったが第一印象!

前作ブレードランナーはリアルタイムではないが何回も見た映画だし、とても好きな映画です。

個人の感想なので申し訳ないが、今回のブレードランナー2049は映画館まで観に行くほどでもない。

うまく前作ブレードランナーを崩さないようにしてやたら長い為時間が長く感じます。
前作ブレードランナーのように少し謎めいていて物語の裏側を見てる視聴者に創造させるようにしてほしかった・・・。
ただ映像美、音響は間違いなく最高峰!世界観はそのままに進んでるのはさすがと思いました!

と思ってました。。

 

前回のブレードランナーを再度見直すとさすが!!!の一文字!

またもう1度映画館に観に行きたい!!!!

 

前作のブレードランナーを鮮明に覚えていないと内容的には難しいと思います。

1度見ただけでは伝わらない。前作のブレードランナーを熟知してみないとブレードランナー2049の世界観には入れないでしょう。

 

前作ブレードランナーのあらすじ、いいところ。伝えたい世界観。

舞台は2019年。タイレル社が作成したレプリカント(人造人間) ネクサス6型は人間の住める地球外の居住区を拡大するため奴隷として従事していた・・・。

しかし反乱を起こし宇宙から地球に逃げ込んだ4体のレプリカント

願いは自分たちの4年という寿命を、造り主のタイレル博士に延命してもらうこと。

紛れ込んだレプリカントを判別し処分を専任としているブレードランナーデッカードタイレル社に向かいタイレル博士の秘書レイチェルと出会う。

そのレイチェルも最新型のレプリカントだった・・・。

 

単純なハードボイルド系ではなくまるでピノキオのような人間になりたい感情、実際人造人間と人間と何が違うのかなどきらびやかな未来の世界を描かず、むしろダーク面というか人間臭さ、科学の進歩の果ての寂しさなどを映し出したような作品です。

映画を見終わった後も人によってとらえ方が変わり、観た人の感情や世界観によっていくつもの答えがあるような考え深い作品です。

 

様々なシーンに意味深なシーンが含まれており見終わった後のモヤモヤ感、自分で答えを想像する楽しみは見事!!というしかありません。

 

ネタバレになりますが最後はレプリカントのボス『ロイ』とデッカードで戦いますが

最終局面は何回見ても感情が高ぶります・・・。

レプリカントは??人間は??実際デッカードレプリカントだったのか??

何回見ても決定的なものは出てきませんが

前作の監督、リドリー・スコット監督が、「デッカードレプリカントである」とインタビューで発言していることからレプリカントであると解釈をしたほうがいいと思います。

 

 ブレードランナー2049を見る際も「デッカードレプリカントである」を前提に観たほうがしっくりきます。

 

ブレードランナー2049を観る前に観たいもの。

ブレードランナー2049は、前作「ブレードランナー」の結末や残された伏線を引き継いでストーリーが展開しています、
前作の2019年の世界から2049年までの間に起きた出来事を前提として語られているストーリーが存在します。

ブレードランナー ブラックアウト 2022」

www.youtube.com

「2036:ネクサス・ドーン」

www.youtube.com

「2048:ノーウェア・トゥ・ラン」

www.youtube.com

 

ブレードランナー2049のあらすじ、いいところ。伝えたい世界観。

 2049年、前作ブレードランナーから30年後の世界。2022年の核爆発により、スモッグで薄汚れた暗い空、ゴミが溢れた街中でレプリカントのK(ライアン・ゴズリング)は旧型のレプリカント、ネクサス8型の解任処分を担当していた。

農場に隠れていた農夫、サッパー・モートンを処分した。そんな中サッパーの自宅側の枯れ木から、不審な小箱が見つかる。

不審な小箱の中には埋葬されたレプリカントの骨と毛髪が入っていた。
出産した痕跡が見られた埋葬されたレプリカント・・・。レプリカントが出産できると人間社会の秩序が乱れる為出産に関わったレプリカントの処分を命じられる。

 

関与しているのは前作のデッカード。Kはデッカードを追いながら6/10/21という数字にたどり着く・・・孤児院で手に入れたおもちゃの木馬の記憶にも6/10/21という数字。

Kはレプリカントから生まれたネオヒューマンなのか、それともその記憶さえ偽りのレプリカントなのか・・・

 

前作に続き人間とはなんなのか、人間とレプリカントの境界線は??

人類の進化、未来への危惧、AIとレプリカントの差など今回の作品は人間をあまりださずレプリカント同士の人間味、人間っぽさについて突き詰めています。

 

ただジャレット・レト演じる「ニアンダー・ウォレス」は野心的な天才科学者として人間のダークな部分をうまく演じています。

人間味みある独占力、私欲の塊(宇宙全体の支配)のため未来が荒廃する中禁断の進化への道、「レプリカントの子供を量産」など見事な演技で人間悪を考えさせられました。

 

 

 

 

 

続編は??

映画を見終わった後もまだまだ解けていない謎は多いいです。

レジスタンスのその後は?

・「ニアンダー・ウォレス」はその後どうなった?

・Kはその後どうなった??

・AIのジョイはあのままなのか?

デッカードは子供と会えてなにをした?  等々

まだまだ伏線回収できていないものもあるのでもっと想像させてほしい!!

 

ただ全米で初動はかなり大コケ。製作費170億円とも言われているが全米での初動を見ると回収もでき無さそうなほどとも言われている。

その為続編は難しいのかな・・・?とも思われますが評価はかなりいいため今後に期待!!

 

 

 
Huluに登録すると、2週間無料で「ブレードランナー」等を視聴することができます。
映画だけじゃなくドラマやアニメなども見れちゃうのです!!

2週間無料なのでとりあえずお試しするといいですよ!!

 

Huluはこちら!

詳しくはこちらをクリック
期間内であれば一切かからず解約できます。

1度お試しあれ!!

 

 ではではそーゆーこと!!

 

いい映画ライフを!!